大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

女性に多いがん

胸元

乳がんという言葉は女性に多い胸に出来るがんを意味します。
正確には、胸の乳腺に発生するがんの事を乳がん言いますが、乳がんには大きく分けて2つの種類があるということを覚えておきましょう。
がんが発生した場所で成長していくがんの事を非浸潤がんと言います。
非浸潤がんは乳管や小葉内部にとどまっているタイプの物であることから、転移などを起こす心配はありません。
しかし、浸潤がんの場合はがん細胞が乳管や小葉だけでなく、近くの細胞にも入り込んでしまうタイプのがんであるため、血液やリンパなどに入り込んでしまうと全身に転移してしまう可能性があるので注意が必要です。
乳がんの場合は浸潤がんが血管やリンパ管に入り込んでしまうためにどんどん全身に広がってしまう可能性が非常に高いがんとなっています。
がんが乳房以外の臓器に転移してしまう状態を遠隔転移と言いますが、遠隔転移した場合は、がんが発生した部分の性質を持っています。遠隔転移で乳房から肺に転移してしまった場合は肺で発生したがんとは異なり、乳がんの性質を持っているがんということになります。
浸潤がんは早期発見が出来なかった場合、全身に転移している後である可能性があり、他の臓器などでがんが発見される可能性があるので、完治が難しくなってしまうので早期発見を目指すためにも検診をしっかりと行ないましょう。
近年では、検査を行なうことが出来る機器の性能も上がってきているため、積極的に検査を行なって早期治療を行なえるようにすることが完治させるためには非常に重要になってきます。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る