大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

東洋医学を利用した治療

医者

最近では、多くの方が積極的にがんを治療することが重要になってきます。
治療方法も様々で、最新治療から昔ながらの治療も行なわれているため、患者さんは自分にあった治療方法を選択することが出来るようになっているのです。
とくに、古くから行なわれている漢方治療などに注目している方も多く、がんにも効果的だということがわかっています。
がん細胞が弱っている場合などは、免疫力や抗酸化力、身体の治癒力を高めて、がんの再発を防ぐことなども出来るのです。
がん細胞の破壊などは薬物療法の西洋医学の方が優れていますが、身体の免疫力などを高めてくれる漢方療法は手術や薬物療法、放射線治療などによる副作用などの緩和を期待することが出来ます。
福岡などの病院でも、このような漢方療法を利用した治療方法があるので、積極的に利用して病気を克服しましょう。
がんは非常に厄介な病気で、治療方法も増えたとはいえ限られてしまいます。
そのような際には福岡などの漢方薬局で幅広く行なわれている漢方による治療を行なってみましょう。
確かに、がんは非常に死亡率の高い病気として知られています。
しかし、がんになってしまったからと言って死が確定してしまっている訳ではないので、諦めずに自分で行なえる治療法を探してみるのも良いでしょう。
福岡などの場合はこのようなお客さんの病気を改善させられるようにしているので、福岡などの専門薬局を頼ってみると症状が緩和される可能性があります。
まずは、相談してみるということが大切なので、一度相談してみましょう。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る