大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

乳がんの検診方法

女医

乳がんは多くの女性が発症してしまう可能性のあるがんです。
そのため、国や地域では乳がん検診を定期的に受けることを推奨しています。
一般的に乳がん検診では、乳がんになっていないかを検査するのですが、検診の際にはどのようなことをするのかが不安という方や忙しいから受けられないという方も多く、検診を受ける方は少ないようです。
まず、乳がん検診の際には問診を行なって自身で自覚するような症状はないか確かめます。
問診が終わったら視触診を行なってしこりなどがないか確認していきます。
職域検診などでも簡単に行なわれていますが、簡単な問診、視触診であることから、初期で乳がんを発見するのは難しいと言われているのです。
このような問診や視触診だけでなく、機器を使用した正確な検診を受けることが望ましいとされています。
例えば、マンモグラフィ検査などであればがんの初期段階である石灰化も詳細に把握することが出来るのです。
しかし、マンモグラフィ検査は乳腺が多い若い女性にはあまり向かない検査となっています。
なぜなら、若い女性の場合は乳腺が多いため、がん細胞と乳腺の区別が難しいため、若い女性には向かないのです。
また、マンモグラフィ検査の場合被爆量は少ないですが、被爆してしまうので、注意しましょう。
最新の乳がん検診では、超音波を使用したエコー検査があります。
触診だけでは分からないしこりを見つけることが出来るようになっているのです。
検診の際に痛みなどはありませんが、診断を行なう医師の技術が必要とされるため、高い技術を持つ医師に診断してもらうようにしましょう。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る