大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

早期発見と内視鏡

ナース

早期段階では自覚症状なし

大腸は消化器官の中でも最後の処理を行う臓器で、栄養分が吸収された消化物から水分を吸収しています。この大腸に発生した悪性腫瘍を大腸がんと呼びます。日本人の死亡原因でも大腸がんは特に女性で1位となっています。原因ははっきりしていませんが、女性に便秘が多いことを考えると、腸内環境の悪化が発症に関係しているものとも考えられます。また遺伝的に見た場合、大腸がんの家族歴がある人は発症リスクが高いと言われています。大腸がんの厄介な点は、早期段階ではほとんど自覚症状がないという点です。ある程度進行してくると血便が見られるようになり、腹痛や腹部の違和感として自覚されるようになります。便通にも障害が発生し、便が細くなったり便秘や下痢を繰り返したりするようになります。

苦痛の少ない内視鏡検査

初期段階では自覚症状がほとんどない大腸がんですが、その初期段階で発見できれば高い確率で完治できるのですから皮肉なものです。病巣がごく小さいうちなら、手術をするまでもなく苦痛の少ない内視鏡治療で完全に切除できます。この内視鏡の技術が開発されたことにより、大腸がんの治療や検査も飛躍的に向上しました。早期発見と完治のためにも、定期的に病院を受診して検査を受けることは欠かせません。発症リスクは40歳以降の中高年で高まると言われています。大腸がんの検査を受けられるのは内科や消化器内科・胃腸科などの病院やクリニックです。この検査でも内視鏡が活躍します。痛みがほとんどない検査方法なので、高齢者の方や大腸がんの家族歴がある人からの人気を集めています。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る