大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

更年期とは

ドクターとナース

更年期の特徴

年齢を重ねて行きますと身体に様々な症状が現れてきます。更年期もその1つで、40代から50代ぐらいから症状が出始めてきます。若年性更年期と言われる若い方にも症状が現れる事もあります。様々な状況、年齢などからホルモンバランスが崩れる事が原因とも言われています。女性の場合は閉経と共に起こる症状とも言えます。近年では、男性の更年期も増加しています。症状の特徴としては、精神不安定になったり、汗が増えるホットフラッシュの現象、睡眠障害で睡眠不足、意味もなくイライラしたり、食欲現象、体重の増減などと沢山の症状が出てきます。年齢と共に誰もがなる更年期と考えられている方も多い為、周囲の理解を得る事は難しい場合もあります。

上手に付き合う

更年期かと思われたら婦人科などを受診されて診断される事が良いでしょう。はっきりと診断結果が出ると安心して治療や対策が取れます。ホルモンバランスを整える為の薬の処方やアドバイスなどがありますし、症状の緩和の為のサプリメントやストレッチや散歩で気分を変えたり、軽く運動も効果があります。心と身体のバランスが崩れますと症状が悪化してしまう事もありますし、更に別の病気になる事もありますので注意が必要です。最近では、ネットなどで同じ苦しみを抱えている方々のコミュニティーなどもありますし、実践された良いアドバイスなども聞く事ができますので利用される事も良いです。更年期は、誰でも起こり得る事ですし、症状も人それぞれです。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る