大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

健康維持には検診が重要

聴診器

クーポンで検診は無料

がんにかかる人は珍しくありません。しかし医療も日々発達しています。早期発見すれば完治の可能性も高いです。早期発見の為には自覚症状がなくても年に一度は健康診断を受ける事が大事です。検診の大切さを分かっていても受診率がそれほど高くない検診もあります。女性特有のがんはかかる人が増えているのに受診率は低いです。仕事や家事などで検診の時間が取れない事や婦人科に出向く敷居の高さが関係しているのかもしれません。自治体なども検診の重要性を感じ無料クーポンを配布しています。ある年齢に当てはまる人は無料クーポンが郵送されその年の検診が無料で受けられます。ですが見落としてしまい期限が切れてしまう人もいます。無料で検診が受けられますから是非使う事をお勧めします。

今後は受診率が上がる

近年は毎年十月になると乳がん検診を推奨する運動が多く見られます。著名人が乳がん検診の大切さを訴えてもいます。クーポンの配布と検診を促す動きで少しずつ乳がん検診を受ける人も増えてきました。検診が重要であるという認識が一人一人になされる事で乳がん検診の受診率は上がるでしょう。問診や触診の他に超音波検査やレントゲン検査を行うのが主な流れです。乳腺が発達した若い人には超音波が向いていて中年以降の女性にはレントゲンが合っていると考えられています。それぞれ利点がありますから乳がん検診の際は交互に受けるのも良い手です。乳がん検診は月に一度自分で自己検診をする事も大事です。少しの努力が健康維持には大切ですからおろそかにせず検診に行く事が重要です。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る