大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

大腸がんについて

病院

男女ともに増えている病気

多くの人が様々ながんになって治療をしたり入院したりしていますが、中には大腸がんと呼ばれるがんもあります。これは日本では男女ともに増えている病気になっているもので、食生活に大きな原因があります。今では、さまざまな料理を食べる事ができるようになっていて、自分が好きなものばかり食べてしまう人がいます。それが、食生活の乱れになってしまって、バランスよく栄養を摂取できないというのが現状としてあります。そうなると、大腸がんを発症しやすくなってくるのです。特に、野菜が嫌いな人やお肉ばかり好きな人は注意が必要になってきます。このように、日本で増えている病気になっていますので、日ごろから大腸がんについて頭に入れて、発症しないように予防していくようにしましょう。それが、今、必要な事になってきます。

大腸がんというのは、大腸にできる悪性腫瘍です。症状としてまずは便に特徴がでてきます。例えば、便の状態が悪かったり、血便が出てしまったりなどの特徴があります。ですので、最近、便の調子が悪い状態が続いていたら注意が必要になってきます。また、進行すると治療しにくくなるというのも特徴の1つにあります。なぜなら進行していくと他の部分に転移したり、腫瘍が大きくなりすぎてしまって、うまく手術できなかったりなどが起きてくるからです。そのためなるべく早期に発見するように努力する事が大事です。今では、大腸検査の技術も上がっていますし、定期的に検査を受ける事によって、発症しても早期に見つかりやすいです。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る