大腸がんが転移したら|早期発見がカギとなる

ニュース一覧

早期発見と内視鏡

ナース

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

健康維持には検診が重要

聴診器

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

消化器にできる稀ながん

ドクター

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る

大腸がんについて

病院

大腸がんというのは、最近、男女ともに増えている病気で主に食生活の乱れが主な原因になってきますので、しっかりとバランスよく栄養を摂取して、予防していくようにしましょう。

詳しく見る

更年期とは

ドクターとナース

更年期と診断されましたら、周囲の方の理解も必要ですし、助けも必要になってきます。更年期であるという事を家族や周囲の方に告げておく事をお勧めします。そうすることで周りが助けてくれます。

詳しく見る

サイバーナイフとは何か

相談

サイバーナイフとは放射線治療の一種で、コンピュータによる位置認識システムを利用して病変部に対して正確に放射線を照射できるという特徴を持っています。主に脳腫瘍の治療などに利用されております。

詳しく見る

癌性腹膜炎とは何か

ハート

癌性腹膜炎は他の臓器の癌細胞が移転して起こる癌です。癌性腹膜炎を発症した時点で原発癌が末期に近い状態であると予想され、効果的な治療は望めません。残された期間を如何にして苦痛なく穏やかに過ごせるかが課題となります。

詳しく見る

がんは早期発見が大切

看護師

がんは日本人の死亡率でもっとも高い病気です。がんは早期発見が望ましいのですが、なかなか早期発見が出来ないようになっているので、定期的に検診を受けて病状がひどくならないうちに早めに治療に取り掛かりましょう。

詳しく見る

乳がんの検診方法

女医

最近では、乳がんなどの様な女性特有のがんに注目が集まるようになりました。しかし、検診率などはまだ低い状態となっていて、検査方法などをしっかりと理解してから検診を受けるようにしましょう。

詳しく見る

女性に多いがん

胸元

女性の多くが発症してしまう可能性のあるがんを乳がんと呼んでいます。乳がんの場合は転移をする浸潤がんと転移しない非浸潤がんに分かれてくるので、どちらのタイプであるかしっかりと確認しましょう。

詳しく見る

東洋医学を利用した治療

医者

西洋医学はがん細胞などを攻撃するため、非常に有効的です。しかし、東洋医学で使用される漢方などは別の方面から改善出来るようになっているので、良い漢方薬局の多い福岡などで治療を受けると良いでしょう。

詳しく見る

がんの特徴

医者と看護師

大腸がんは、徐々に大きく、深くなり、やがてリンパ節や他の臓器に転移します。そのため、早期発見、早期治療が大切になります。ちなみに、大腸がんは肝臓に転移する場合が多いです。治療には、まず、転移がないかをCTやMRI、腹部超音波検査、PET、腫瘍マーカーなどにより調べます。大腸がんの治療の基本は手術です。まだ病巣が浅ければ内視鏡による手術を行い、深ければメスにより切り取ります。手術が不可能なほど転移していたり進行していれば、抗がん剤を使用した化学療法や、放射線療法を行います。ただし、あくまで基本は手術による治療であり、1度の手術でがんをとりきれなくても、繰り返し行うことも多いです。早期発見をし手術をすれば、5年生存率は90%以上ですので、早期発見が重要です。

大腸がんが転移していた場合、手術でとりきれるかを検討します。それが可能ならば、およそ40%の方は治るといわれています。大腸がんでは、積極的な手術が長期間の生存を可能とします。化学療法や放射線療法では完治は難しいといわれていますが、近年、大腸がんの治療に効果的な薬が開発されており、寿命を延ばすことが可能となってきています。早期治療が重要な大腸がんですが、その症状は、潰瘍の病変による血便、下血、貧血やがんの発育により腸管が狭くなって起こる便秘、便の通過障害、下痢、腹痛などです。しかし、ごく初期では自覚症状がほとんど見られません。定期的な健診を受けること、少しでも異常があれば病院を受診することが大切です。

オススメ記事

ナース

早期発見と内視鏡

早期段階では自覚症状のない大腸がんは、血便や腹痛・下痢・便秘などの症状が現れた時には症状が進んでいることが多いものです。早期段階で発見できれば高い確率で完治する病気ですので、発症リスクが高まる40歳以降は病院で定期的に検査を受けることが大切です。最近では苦痛の少ない内視鏡検査が人気を集めています。

詳しく見る

聴診器

健康維持には検診が重要

年に一度の健康診断が大事と分かっていても受診率の低いがん検診はあります。女性特有のがんなどはかかる人が増えているのに受診率は低いです。近年は無料クーポンを配布したり乳がん検診を推奨する動きもあります。今後受診率は上がるでしょう。月に一度の自己検診と年に一度の検診が健康維持に大事です。

詳しく見る

ドクター

消化器にできる稀ながん

十二指腸がんは消化器官にできるがんとしては非常にまれなものです。がんの大多数が十二指腸ポリープを伴っているため、ポリープががん化するのではないかと考えられています。そのため、胃内視鏡検査などで十二指腸ポリープが見つかった場合は要注意といえます。

詳しく見る